塾は先生との相性が大切です。

学校だけでは勉強できないこともあるので塾に通うことでもっと勉強を教えてもらうことがいいと思います。

塾でもっと勉強を教えてもらう

学校で教えてもらってもわからないときがありました。でも先生は時間も決まっているしどんどん先に進んで行ってしまいます。それで復習する時間は学校ではありません。そこで家で自分でやらないとどんどんわからない問題が増えてきてしまうのです。そこで自分だとやらない人が多いのです。だから塾に通ってもう一度教えてもらうのです。わからないところがあれば先生が教えてくれます。だからもっと勉強をしたいと思うのなら塾に通うことです。

自分には甘いので勉強する気持ちになれない場合があります。そこでやはり厳しく勉強を教えてもらいたいのなら塾で勉強をすることが大事なのです。それで自分が苦手なところを教えてもらえます。テスト前になれば、ここを勉強すればいいということを教えてくれるのです。そこでもっと勉強ができるようになるのです。塾で特に個別だと自分のための勉強ができると思います。もし自分のペースで勉強したいと思っているのなら塾で個別にするといいと思います。

公教育での授業は5教科を中心に進度が早いです。一つは学習指導要領で出されている授業内容を終わらなければなりませんし、また上位の生徒が飽きたりしないようにしなければなりません。そのためどうしても先に先に進んでいきます。塾はその流れを先取りしています。自ずと学習内容を先取りしていることが学校の授業の前提になってしまうのです。そのため塾の存在意義はどんどん高まっています。

注目情報

Copyright (C)2017塾は先生との相性が大切です。.All rights reserved.