塾は先生との相性が大切です。

私の今までを振り返ってみると小学生から高校生まで塾に行っていました。そのおかげで今の生活があるのかなと思います

小学生から高校生まで塾に通っていました

私は小学生から高校生まで塾に通っていました。小学生の頃は市内でも厳しいと有名な塾に通っていました。その塾は、私立中学受験を目指す人が通っていて、小学生ながら受験するという意志が高い子が周りに居ました。実際、私はあまり頭が良くなかったため、下の方のクラスに入ってましたが、上のほうのクラスでは中学レベルのことを学習していたようです。私自身は、私立を目指していたわけでは無く、友達と一緒に塾に行って帰りに遊ぶためといったような気分で行っていました。今考えると親に対して申し訳ないと思います。

中学になりそこの塾は行かなくなりました。また中学2年になるまで塾にも行きませんでした。中学3年になり、今度は家の近くにある個別の塾に行きました。高校は義務教育ではないため、テストでふるいにかけられます。私は目標としていた高校があったのですが、距離がとても遠いため両親から反対されて近くの高校に進学することになりました。当時担任からはその高校であれば名前を書き忘れなければ合格すると太鼓判をもらいあまり勉強しませんでした。

同じくらいの友達はこどもが大学付属の小学校に通っていて、中学受験があるから、ということで5年生から学習塾へ通い始めました。ほかのこどもたちは小学校に上がった時から通っていたようで、うちはまだ遅い方だと言っていましたが、大変な世の中だなと考えさせられました。だって、学校で授業を聞いていたら、宿題ぐらいはしたらよいだろうけど、後は友達とあそんだり、好きなことをする時間だって大切だと思うからです。なんだか日本がどこか違う方向に向かっているようで将来が心配になってきます。いったいそんなに勉強をがんばって何になろうというのでしょうか。

注目情報

Copyright (C)2017塾は先生との相性が大切です。.All rights reserved.